銀行のカードローンには

必ず保証会社の保証が受けられる方が貸し付け条件になっています。
一方で消費者金融や信販会社のカードローンにはなく、逆に保証する側に立っています。

この違いは成り立ちをみることで理解できます。
銀行の貸し出すのは預金者のお金です。
預金者のお金を利子をつけて企業や個人に貸し出し、その利息を預金者に預金に回しています。

それだけに預金者のお金が万一焦げ付くようでは信用問題となる訳です。
例え少額でも同じことで、金額の大きさによりません。
消費者金融の原資は上場企業であれば金融市場で社債やCPを発行することで低利で借り入れ、上場していない会社では銀行から借り入れることで資金を賄っています。
ノンバンクとも呼ばれるのですが、消費者金融や信販会社は預金機能を持っていません。

また、証券会社や銀行などは顧客から資金を預けることはできますが、消費者金融では法律で禁止されています。
こうした仕組みが銀行と消費者金融のキャッシングの審査の違いと金利に表れるのです。

銀行のカードローンでつく保証会社の役割は契約者が利用するキャッシングで万一返済不能になった際に代位弁済を行います。
これは銀行から保証会社に債権を移して、代わりに契約者との間に入るものです。
この流れがないと銀行はキャッシングを行うことができない訳で、担保や保証人をとらない代わりに保証を得ることが必要になります。

キャッシングを利用する側にとってみても、担保や保証人を立てる必要もなく、大口融資を受けられるのも、こうした保証会社の存在が大きいのです。
銀行の審査はムリかもとおもったら、アコムなどの消費者金融に申込みしてみてください>>
アコムマスターカード徹底ナビ〜審査や評判