約定返済とは

契約上で取り決められた返済を指します。
この約定返済では住宅ローンやカーローンなどの目的ローンの場合は決められた期日に、所定の返済額を支払うものとしています。
また、キャッシングにおいては貸し付け残高に合わせて所定の利息と元金を期日に返済するものとなっています。
契約内容においてニュアンスの違いもあるので、契約書を確認することが大切になります。
この約定返済に返済額で銀行のキャッシングでは変動金利を採用していることがあります。
しかし、金利が変わったとしても返済金額が上下することはありません。
返済額に占める元金と利息の割合が変わるのみなので、その点も注意すべき点です。
約定返済額は契約の変更がない限りは変わらない金額となります。
約定の返済額の中でキャッシングでは最小の金額で表示されています。
返済ではこの金額以上を返すことになり、最小返済額以下では新たなに追加に返済することとなります。
充当順位はキャッシングの場合は利息に次に元金となりますが、延滞した場合は遅延損害金が最初に充当され、利息、元金の順になります。
これも契約書あるいはカード会員の利用規約に明記されています。
約定当日に返済することも可能で、追加で多めに返済することもできます。
キャッシング業者ではきちんと返済してくれる分には問題なしとするのですが、ギリギリの日に返済する場合や最小返済額を続けている場合はその後の利用にチェックの目が入ることもあります。