キャッシングにおける上限金額は

それを利用する消費者の年収によって決定されます。
これはカードローンであっても変わりありません。
そもそも、上限額を決定させている根拠は法律にあります。
キャッシングは他の融資のサービスと異なって特別なサービスになっています。
本来、相手に対して融資を行なうときにはどこの金融機関であっても多額のローンを組むことになります。
銀行が提供しているローンはその典型ですが、なぜこのようなことをするのかと言うと、その方が金融機関にとっても有利になるからなのです。
金融機関は元金に対して設定する利息を自身の会社の利益としていますので、元金を多くすればするほど利息の取り分もその分大きくなるわけです。
ところが、キャッシングと言うのはあくまでも借りやすい融資を目的として作られたものですので、そのよう枠組みからは外れた融資のサービスになっているのです。
だからこそ、キャッシングの利用の際には必ず年収を融資の上限とする特別な法律が適用されることになります。
この法律では、消費者は自身が得ている年収の三分の一までを融資の上限とすることができます。
当然、年収を上限としているわけですから自身が得ている年収が増えていけば、それだけで多額の融資をしてもらうことができるようになりますので、その点では非常に柔軟な法律だと言えます。
キャッシングは追加で上限額を変更させることもできますので、カードローンの上限もこの根拠によって簡単に計算できるわけです。